原子力プラント

PWR系プラント

PWR

BWR系プラント

BWR

原子力プラントでは、ウラン燃料等の核分裂エネルギーにより、発生する高温・高圧の蒸気でタービンを回して発電しています。長期間のプラント運転中に、クラッドと呼ばれる放射性の汚れが徐々に付着・堆積し、安定運転の阻害、或いは定期検査時の作業員の被ばく増加につながります。当社ではこのクラッドを薬品による化学洗浄や、高圧水によるジェット洗浄で安全に除去し、除染します。またフィルター処理、樹脂処理、RO濃縮、蒸発乾固など、豊富な仮設の排水処理設備を組み合わせ、非定常排水などの廃棄物を削減出来ます。
その他、当社独自の技術として、非常用発電機の冷却水系統には、脱気器を用いた防錆技術があります。
復水器等海水系統には、鉄皮膜形成による独自の防食技術や、自動洗浄装置による高効率メンテナンスが可能です。給水加熱器用に自動洗浄装置を開発し、検査前処理の精度向上、工程短縮を図っています。
豊富な実績とノウハウをベースに、原子力プラントの安定運転、効率向上、工程短縮、予防保全に貢献します。

原子力発電プラントに対する技術