蒸気系配管洗浄技術

蒸気系配管洗浄技術の目的

主蒸気管・再熱蒸気管等の蒸気系配管に付着生成する水蒸気酸化スケールは、ユニット起動時及び停止時の振動や、スケールと管材の熱膨張の差により剥離します。このスケールの剥離は、タービンブレードやバルブボックスを損傷させる原因となっております。これらの対策として材質変更、溶射、肉盛などタービン側で対処されていることが多く、主原因であるスケールの除去はほとんど実施されておりません。
当社では、飛散する原因となるスケールを溶解し、かつ微粒子化できる蒸気系配管洗浄技術を開発いたしましたので、ご提案いたします。

特長

  1. 新開発薬品である「クリフレッシュE3」は、水蒸気酸化スケールに対する高い溶解性があります。
    「クリフレッシュE3」は、有機酸をベースにしており、万が一系内に残留しても熱分解しますので、母材への悪影響はありません。また、専用の腐食抑制剤「イビット30ES」を使用することにより、長時間洗浄においても、低腐食性を確保しています。
  2. 取合い座を設けることにより、洗浄部と非洗浄部を隔離できる「バルーン工法」や「水位監視工法」を適用することにより、本設配管を切断する必要はありません。

効果

1)除去効果

洗浄前 洗浄後
jyoukikei_p1 jyoukikei_p2

2)各種材料に対する腐食性

jyoukikei_p3_p4

適用事例

1)バルーン工法

jyoukikei_pict1
jyoukikei_p5

2)水位監視工法

jyoukikei_pict2
jyoukikei_p6

3)化学洗浄

jyoukikei_p7
jyoukikei_pict3

実績