ボイラ炉内洗浄

ボイラ炉内洗浄の目的

蒸発管、空気予熱器等ボイラ炉内各部には、使用燃料に由来する燃焼灰が付着し、割れ(噴破)、ドラフト損失の増大、熱吸収のアンバランスといった問題が発生します。機器の安定運転はもとより、省エネルギー、二酸化炭素低減、環境負荷低減の観点からも、付着物除去の必要が高まっています。
付着物は、燃料や温度等運転条件により組成や付着性、硬さが異なるため、機器に応じた洗浄方法の選定が重要です。
当社は、付着物の調査、防水養生、洗浄工法、腐食抑制技術から洗浄後の排水処理、管材厚さや管内面のスケール厚さ調査まで“一括管理システム”をご提案致します。

特長

効果

洗浄前 洗浄後
boiler_ronai_01 boiler_ronai_02

適用事例

boiler_jirei

実績

国内事業用発電ボイラにて150件以上の実績
(別途一般産業用プラントでも500件以上の実績)