調査する

調査する

  • 超音波で外部からスケール厚さを測定する事が出来るので、抜管調査のコスト削減と、調査工程を短縮できます。また複数個所の測定により全体的なスケール分布を知る事ができ、的確な洗浄時期や、洗浄仕様を導き出す事ができます。
  • 高効率のジェット洗浄を給水加熱器に導入する事で、細管の過流探傷検査の前処理だけでなく、U管部のスケール除去による差圧回復効果も見込めます。
  • 鉄皮膜形成による独自の防食技術の為に、復水器細管を抜管し、分極抵抗等を詳細に調査します。

これらの技術を基に、保守管理の信頼性向上に寄与することが我々のミッションです。

栗田エンジニアリングの調査する技術